整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

こだわり整骨院を作る!設計コンセプトの作り方、考え方

   ↑  2015/07/28 (火)  カテゴリー: 開業準備
こだわり整骨院を作る!設計コンセプトの作り方、考え方

群馬県の鍼灸師 クリ助さんのブログに治療院開業に関する記事で

w( ̄o ̄)w オオー!

っと思ったので、これから開業される方には参考になると思い紹介します。

経験を書かれているのでスッと心に入ってきます。

私から見て「いいなぁ♪」と思う鍼灸院には、必ずコンセプトがあります。だから、私もコンセプトを大事にしようと思います。コンセプトはデザインだけのものではないと思います。私にとって、コンセプトは情報を振り分けるフィルターです。 
 
鍼灸院の作り方より


私もコンセプト=デザインではないと思います。

奇抜で派手なデザインが個性なのではなく、本当に伝えたい情報は何か、それは誰にとってのメリットなのかを考えると効果的なのだと思います。

派手なのがダメと言っているわけではないですよ。

おしゃれで落ち着く整骨院を作るには色彩と配色が大切


●意味のあるコンセプトを考える

治療院のコンセプトを設計するにあたって施術スタイル抜きにコンセプトは語れません。

妊婦さんや高齢者、膝が悪い患者さんを気遣って段差をなくしてバリアフリーにしようと考えても資金には限りがあります。

ハード(設備)やデザインばかりに目を向けたコンセプト構築はリスクを伴いますので、出来る限り内的なコンセプトを最適化する必要があります。


特に新規開業の場合、患者さんが付いていないのが普通ですので、販売促進にコストが必要ですので設備に予算を溢れさせてしまうとすぐに資金はショートしてしまいます。

どうやって意味あるコンセプトを築くの?という話ですが、こればかりは自分で考えるしかありません。

人はどういった時にファンになるのかということですよね。

私自身が地域との密着という点では、それなりに意味があったのですが、患者さんのメリットを考えると必要なかったのです。想いの空回りです。

広すぎる待合室より


地域密着という言葉の呪縛から解放された時に感じられたことを記事にされています。

治療院は地域密着型のローカルビジネスですが、特定のキーワードに依存しないということも大切なんですね。





●成果を焦り、リスクを取り過ぎない

コンセプトの設計において「女性」や「地域密着」というキーワードです失敗する要因の一つに「成果をすぐに出そうとする思考」だと思います。

これは治療院に限った話ではなく、飲食店の場合は女性は男性と比べて、食べる量・飲む量が少ないうえに、回転率が悪く「客単価×客数」の公式で計算する飲食店の経営は苦しい状況になります。

かといって女性を狙うなと言っていることではなく、女性のニーズを読み間違えないようにと、「基本的価値」を深く掘り下げるコンセプト設計を行います。





●患者さんに好まれる治療院にする

患者さんが求める治療院を作れば「繁盛する」ということになります。

なにを当たり前のことを言っているんだ!とお叱りを受けそうですが、患者さんが求める治療院を考え抜くことが大切なのです。

キレイ事と感じる人が多いと思いますが、私は本気で思っています。

今後生き残っていく治療院は、間違いなく患者に好まれる治療院です。

技術や集客活動も大切ですが、治療院が患者の方を向いているのかということをもう一度確認する必要があると思います。

患者さんを治療院に呼び込んだらそれで終わりではありません。ファン化に至る前にはいくつもの壁が立ちふさがっています。

手間暇かければ評価されるという単純なものではありませんが、本気で患者さんと向き合って患者さんとって必要な治療院を作ることが大切だと思います。

私たち建設会社も、同時に1年後、2年後を見据えてどうすべきなのかも考えていきたいですね。




スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 整骨院 設計 コンセプト 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-223.html

2015/07/28 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ロゴマークに使った六角形には意味があります。接骨院リブラ様

   ↑  2012/12/03 (月)  カテゴリー: 看板事例
リブラロゴ

天王寺区で開業された接骨院リブラ様です。

接骨院リブラ様は、僕個人的に印象に残る施主様でした。と言うのは、僕の友達に陸上で凄い人がいるのですが、先生の院と家が近いという事もあり、お世話になっていたそうです。

俗に言う『世間は狭い』的な感じです。

しかも、嬉しい事に当ブログを楽しみに見てくれていた上でのお問い合わせと言う事でした。これは本当に嬉しい事です。

こういった御縁は本当に大事させて頂きたい物です。

第1回目の打合せはフルサポート事務所でのヒアリングから始まりました。まず屋号の【リブラ】についてお伺いしました。

先生に経緯を聞いている内に、僕も出来島(弊社設計士)も

(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

と言う感じになりました。

文章力の無い僕が書くと、せっかくのコンセプトが台無しになってしまうので簡潔に書きます。


Libra(天秤)

Lb(釣り糸のポンド)重さを表します。そして、ロゴに使った六角形には意味があります。この世の中に存在する多角形の中で唯一、六角形だけが何個並べてくっつけても、隙間なく繋がるのです。

後から調べて知ったのですが垂直方向の力にとても強く、建築物にも使われていました。

ここから生まれたのが冒頭のロゴマークです。

このロゴデザインを看板で制作しました。

リブラ フロント_convert_20121203224248






当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。
スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : ロゴマーク コンセプト 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-334.html

2012/12/03 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

整骨院・整体院など治療院店舗の場所選びとコンセプトの失敗

   ↑  2011/08/02 (火)  カテゴリー: 開業準備
整骨院のテナント

整骨院の開業で場所選びに失敗するオーナーが多い

整骨院の場所選びとコンセプトの失敗とは。を考えてみます。ご参考になれば幸いです。



あの場所は良い、あの場所が悪いという立地だけの問題ではない


考えられる問題点として、地域とコンセプトのミスマッチが挙げられます。

例えば
・古いビルにサロン風な高級整骨院
・人通りは多いが整骨院の入口が裏側にある



物件のイメージだけでもミスマッチが起こり得ます。

では、整骨院の場所選びに失敗しないためのコンセプトとロケーションとは?

考え方として、コンセプトに合ったロケーションを探す。またはロケーションに合わせてコンセプトは変化させればよい。という考え方があります。


その理由として

・ロケーションによって患者層は変わる
・コンセプトを変化させなければ、競争の激しい整骨院業界では生き残れない
・患者層にこだわりすぎると失敗する

最初はイメージだけでも十分です。整骨院のコンセプトはデザインを決めていく上で、すこしづつ固めていけばよいと考えられます。



お問い合わせ

スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : コンセプト 場所 失敗 

FC2スレッドテーマ : 内装工事 整骨院(接骨院)専門 (ジャンル : ブログ

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-26.html

2011/08/02 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。