整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

軽天工事とプラスタ―ボードって何?

   ↑  2014/12/13 (土)  カテゴリー: 内装仕上げ
軽天工事,プラスタ-ボード

今回は、内装工事の項目に含まれる軽天工事についてをご紹介します。

内装工事を依頼し、見積りの中に書いてある【LGS/PB工事】又は【軽天工事】と言う項目。

いったい、何?どんな工事?というお話です。






LGS、軽天工事ってなんのこと


LGS/PB工事

LGSまたは軽天工事というのは軽鉄材と言われる材料で、壁や天井の下地の骨組なんです。

こちらの現場の完成記事

こんな感じで壁や天井の骨組を作っていきます。ちなみに、どうして軽天というかと言うと、材料の鉄板の厚みが0.5mmの軽いもの・・・軽い天井

略して・・・軽天(軽鉄) 単純です



軽天工事のメリット


正式には建築の内装全般のうち、金属工事の一部で建築用鋼製天井下地・建築用鋼製壁下地という名称になります。大工さんの工事が多い時は木材を使う事もありますが、こちらが主流です。

その理由として
  • 防火の検査が厳しくなったこと
  • 工事のスピ-ドが早いこと
  • 工事単価が安いこと

これらが、普及した要因でしょう。



PBってどんなんよ?


軽天工事,プラスターボード プラスタ―ボード

次にPBというのはプラスターボード(石膏ボード)の事で、クロス等を張る為の下地になります。

プラスターボードとは、芯材に石膏を入れ、その両面と側面をボード用紙で被覆した板を称し、耐火・防火・遮音性能を有しています。

建築物の内装工事における壁及び天井の下地材のほとんどが、このPB(プラスターボード)を使用しています。これを、先程の骨組に打ち付けるわけです。

店舗解体工事中のヒトコマ。響くツルハシの音と無言でたたずむ男






当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。


スポンサーリンク
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 軽天 プラスターボード LGS PB 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-44.html

2014/12/13 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

スケルトン物件の場合、壁を軽量鉄骨とプラスターボードでフカす

   ↑  2012/04/17 (火)  カテゴリー: 内装仕上げ

寝屋川市 寶珠堂西田整骨院様開業

スケルトンの物件では壁面ブロックやALCの場合がよくあります。

仕上材【クロス】はブロックやALC、化粧べニアなどクロスが貼れないものがあります。

そのためにLGS【軽量鉄骨】で下地を組みます。




そしてプラスターボードを貼りクロスが貼れるようにします。

このようにスケルトンの場合壁を軽量鉄骨とプラスターボードでフカシます。

このような工程で工事を行います。



整骨院,開業 関連するリポートです

寶珠堂西田整骨院様 -houjyudou nisida seikotuin-




お問い合わせ



スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : スケルトン 物件 軽量鉄骨 プラスターボード 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-242.html

2012/04/17 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

天井下地を利用して不良部分の補修・補強を行います。

   ↑  2012/01/28 (土)  カテゴリー: 内装仕上げ
天井,補修,補強
住吉区たんぽぽ鍼灸整骨院様開業。木工造作工事

既存天井下地を利用し不良部分を補修・補強してPB(プラスターボード)を貼ります。工事の現場ではプラスタ―ボードを施工することを「貼る」と表現しますが、実際にはビスで止める作業をします。

軽天工事とプラスタ―ボードって何?という記事でも書きましたが、プラスターボードとは店舗内の壁や天井の下地として使用され、石膏とボード用の厚紙でできた建材です。



天井,補修,補強

次に壁下地を作ります。


天井,補修,補強

それにPB(プラスターボード)を貼ります。プラスターボードは耐火性や遮音性などに優れ、簡単に加工できるため、下地材として最も普及している建材と言えます。


天井,補修,補強

最後に今回既存天井と既存壁に隙間がありましたので廻縁を貼り、プラスターボードの上から壁紙を貼り店舗の内装を仕上げていきます。

廻縁とは壁と天井の取り合い部に用いられる見切部材です。


天井,補修,補強



天井下地を利用して不良部分の補修・補強を行います。 関連する現場リポートです

たんぽぽ鍼灸整骨院様 -tanpopo seikotuin-


お問い合わせ





スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 木工造作工事 プラスターボード 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-192.html

2012/01/28 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。