整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

家庭内鍼灸師は家族や知人たちとリラックスして行うセルフケア

   ↑  2013/10/03 (木)  カテゴリー: ウェブ関連
家庭内鍼灸師

YAHOOニュースでお灸教室が盛況と記事になっていました。ありそうでなかったお灸教室ですが、家庭内鍼灸師という言葉がイマイチ浸透しないのは国家資格者が教えるスクールがなかったためかもしれません。

銀座の「お灸教室」、予約で満員の盛況-お灸の文化伝える

同記事でのコメントが印象的です。

「お灸はもともと、家族や知人たちと、日常のコミュニケーションをしながらリラックスして行うセルフケアとして普及した治療法だが、最近は『古い』『やけどしそう』などのネガティブなイメージでお灸を敬遠する方が多く、お灸の文化が伝わっていない。


●教室の内容
教室の定員は1回5人で、使うのは「火を使うお灸」「火を使わないお灸」の2種類。日ごとにテーマを設定していて、ところも魅力的です。

  • 「入門編」
  • 「くび・肩こり 頭のお灸」
  • 「腰痛のお灸」
  • 「膝痛のお灸」
  • 「女性のためのお灸」
  • 「妊婦さんのためのお灸」


鍼灸には興味があっても、なぜか敷居が高い「鍼灸」ですが、もぐさづくり、ツボの探し方、せんねん灸などの商品の使い方や症状ごとのお灸のコツを鍼灸師から教えてもらえればもっと広がりをみせそうです。

「家庭内鍼灸師」でググってみたところ一般の人(鍼灸師じゃない人)の記事にヒットしました。

家庭内鍼灸師|きらりの「お芝居大好きっ」

最近、棒灸を買い、それをきっかけに、最近さぼっていたセルフお灸を再開しました。ここんとこ、毎朝と必要に応じて就寝前にやってます。

特に、朝は、両親にもしてあげています。

ちょっと前に買ってあったクロワッサンの「体のツボの大地図帳」に、足の親指の爪のきわにあるツボが大脳の働きを活発にすると載っていたのですよ。アルツハイマーの母に効くとよいなと思って、そのツボにやってみた初日のこと。

お灸が熱くなってきたなという頃に、母が言ったのですよ。「昨日まで来てたお弁当は今日も来るの?」って。

ええ~~っ!!

その前日までわたみのお弁当を1週間だけお試ししてたのを、覚えてるぅ?すごくないっ、お灸!!



鍼灸と馴染みのない人が鍼灸の良さを知って、鍼灸という存在がもっと身近に感じられるようになることは鍼灸師にとっても良いことです。

また、ビジネス的な視点でみるのならば、習い事・スクールの市場規模はまだ伸びを見せており、鍼灸師の新たなフィールドが開けるかもしれません。現在開業している鍼灸院の一部サービスとして始めてみるのも良いかもしれませんね。





当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。


スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 家庭内鍼灸師 リラックス セルフケア 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-378.html

2013/10/03 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マーケティング活動にブログを使うことにはどういう意味があるのか

   ↑  2013/08/29 (木)  カテゴリー: ウェブ関連
マーケティング活動にブログを使うことにはどういう意味があるのか


本日は整骨院や整体院、鍼灸院で「マーケティングを目的にブログ」を使っている方へご紹介したい記事です。

まず、記事を紹介する前に前提としておきたいのは、著者はブログでのマーケティング活動を否定しているのではなくて、基本的な姿勢について言及していると私は感じています。

記事の中で

企業のマーケティング活動のためにブログを使うことにはどういう意味があるのか、ということ。

先に結論から言ってしまえば、意味なんかない。


という結論に、どのような意味があるのか考えてみたいと思います。

ブログを企業のマーケティング活動に使うことの意味について。






マーケティング活動にブログを使うことにはどういう意味があるのか (2)

企業からすれば、新規顧客への認知関心の形成とか、ロイヤルユーザーのリテンションとか、社内でのやる気アピールとか。まあ色んな事情があるんだろけど、そんなもん、ブログを読んでる人からすればどうでもよろしい。

楽しかったらええねん。


治療院ブログを運営する目的は様々だと思います。自己成長のためであったり、集客、ブランディングを目的とした更新をしていることでしょう。当ブログもしかりです。

しかし、集客やブランディングを一番の目的にすると、ブログを更新するモチベーションが保てないところがあります。

ブログは更新してなんぼ。まずは自分が楽しいと思えないとブログ運営は難しいところがあります。





マーケティング活動にブログを使うことにはどういう意味があるのか (3)

あのね、楽しいっていっても、別にゲラゲラ笑うとかじゃなくて、ああなんかほんのちょっとだけ気分が良くなった気がするっていう程度ですよ、実際。

それね、お菓子も一緒ですよ、食べてもう感動してあふれだす涙が止まらないとか、口に入れた瞬間に大爆笑が起こったりしたら、そりゃあんた事故でっせ。


ブログを見てくれる全ての人が「おもしろい」と思う必要はないと思います。「おもしろい」と「おいしい」は同じで、「おいしい」と感じるかどうかは人それぞれです。

どのような人に記事を書くかは、書く側が決めることです。そして、有益かどうかはユーザーが判断するということなのです。狙いすぎるとスベるし、見ているほうも寒いものです。






マーケティング活動にブログを使うことにはどういう意味があるのか4 (2)

誰に読まれるのかもさっぱりわからん企業の新規顧客獲得ならびに、ロイヤリティ向上のためのマーケティング専用ブログは、ヘラヘラしていたほうがいいと思うんです。

もっとヘラヘラして、みんなの張りつめた神経に触ってイラっとさせたり、完全にスルーされたりするのを恐れずに、心の中に土足で踏み込んでいると思いきや、あれあんたいつのまに靴脱いでたの、それに案外キレイな靴下はいてるやないの、って言われたいんです。


知っている方もいるかもしれませんが、フルサポートにはコーポレートサイトが別にあって、こちらでヘラヘラした感じの記事を更新しています。

すごいぞイラストレーター!暑中見舞いデザイン完成
男はボディータッチだけで十分だ!嗚呼恋がしたい深夜の事務所




まとめ
著者は、どうせ記事を書くなら「楽しんじゃえば?」という感覚なのだと思います。ゲーム感覚で記事を書いて、それが共感を呼ぶものなら尚良いという「ひとつの考え方」だと思いました。

楽しんでやることは、高いエネルギーを発揮します。「マーケティング」とは目指すのではなく、ついてくるのだと言っているようにも感じます。みなさんはどう感じましたか?








お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。



スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : マーケティング ブログ 意味 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-372.html

2013/08/29 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

整骨院運営で使えるココナラに出品されているサービス5撰

   ↑  2013/08/26 (月)  カテゴリー: ウェブ関連
IMG_0713.jpg

ココナラというサービスをご存じでしょうか?

ココナラはネットを利用して、個人でもっているスキルをオンライン上で売買することができるサイトで、500円という少額で、得意分野で副業をするというサイトです。

プロに依頼すると高いものも、個人でプロまでのスキルは無いけど、500円なら十分すぎる商品が揃っています。今回は、ココナラで出品されている治療院運営に役に立ちそうなサービスをピックアップしてみました。




☆圧倒的に綺麗なヘッダーorバナーを制作します☆【ネットビジネス用ならお得パック♪】

☆圧倒的に綺麗なヘッダーorバナーを制作します☆【ネットビジネス用ならお得パック♪】

アメブロやFC2などの無料ブログサービスを使って、整骨院スタッフブログを更新している場合、オリジナルデザインのブログを持ちたい方へピッタリなサービスだと思います。

素敵なデザインのブログなら、更新する側も、ブログを見に来てくれる人も満足です。





商用OK!ロゴ1コイン&キャラクター2コインで作ります。

商用OK!ロゴ1コイン&キャラクター2コインで作ります。

そんなバナナ!な、サービスです。500円で通常そこまでやっちゃ企業は太刀打ちできません。パッケージメーカーでデザイナーをしていた方が、育児休暇中にデザインの力が落ちないようにと出品しているサービスです。

これは凄い。





応援!独立開業、日本政策金融公庫向け事業計画書を参考にいかがでしょうか。

応援!独立開業、日本政策金融公庫向け事業計画書を参考にいかがでしょうか。

これから開業しようと考えている方に良さそうなサービスです。治療院とは業種は異なりますが、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)へ融資の依頼をするための事業計画書作りに参考になると思います。






【評価310突破!】フォロワー2.4万人に1日5回1ヶ月で150回以上ツイッターで広告をつぶやきます

【評価310突破!】フォロワー2.4万人に1日5回1ヶ月で150回以上ツイッターで広告をつぶやきます

治療院の開業やイベントなど告知したいサイト情報の拡散にいかがでしょうか?ツイッタ―の拡散力はヒットすれば凄い告知になるかもしれません。

サイトのアクセスアップにも効果があるかもしれませんね。




【ライター】文章書きます。あなた指定する内容の記事を1000文字~1500文字程度で作成します!

【ライター】文章書きます。あなた指定する内容の記事を1000文字~1500文字程度で作成します!

ホームページを作る時や、ブログの更新がストップしてしまっている場合など、記事を依頼してしまうという選択肢があってもいいかもしれません。

あなたとは違った視点で書いてくれるでしょうし、書いてもらったものを後で自分らしくアレンジを加えるとホームページの文章が良いものになるかもしれません。





まとめ
個人が提供しているサービスなので、全てが良いものとは限りません。気になるサービスが見つかったら、購入者からのコメントが参考になると思います。

ほとんどのサービスが500円とは思えないクオリティですので、プロにお願いするには予算オーバーという場合は一度サービスを探してみてはいかがでしょうか?













お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。



スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 整骨院運営 ココナラ サービス 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-371.html

2013/08/26 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

参考になるかな?いいなぁと思う医療・福祉系のホームページ

   ↑  2013/05/21 (火)  カテゴリー: ウェブ関連
整骨院内装のフルサポ大屋和之

内装工事のオシゴトをしていると、会話の中でホームページを作るのはどうしたらいいかという質問をいただくことがあります。

正直なところ、私たちは施工会社ですのでコンサルタントさんのような的確なアドバイスを言うことはできません。そんな時に思うのが、同業のサイトを参考にせず、違う業種のサイトを参考にするとおもしろそうなんじゃないかな?と思います。

全く違う業種として飲食店からは想像しにくそうですが、少し近いイメージの業種で医療(クリニック)・福祉のサイトなんかは近いんじゃないでしょうか。

そこで、今回は素敵だなと思った医療・福祉のサイトをまとめてみました。あなたが、これからホームページを作ろうと思っているのであれば、こんな視点はいかがでしょうか。参考になれば幸いです。





京都山科老人ホーム

http://www.koutouen.com/yamashina/

高齢者向け福祉施設のサイトで、入居者のご家族が安心できる明るい雰囲気と、職員募集への応募者の働く意欲を刺激するコンテンツが揃っています。






桜十字看護部

http://www.sakurajyuji.or.jp/kangobu/

医療/熊本市にある「桜十字病院」の看護部のウェブサイト。レイアウトや色のバランスが絶妙です。トップページではサイトのイメージがとても良く伝わります。特にキャッチコピーが優れていて見る人の心に伝わります。






大泉ここ動物病院

http://www.coco-ah.com/

東京都練馬区大泉学園にある女性獣医師による動物病院です。病気の予防、診療はもちろん、トレーナーによるしつけ相談や犬の保育園、ペットホテルも行っております。






オロナイン

http://www.otsuka.co.jp/ohn/

薬/あかぎれ、しもやけなどに使用すると効果のあるオロナインの公式サイト。1ページでコンテンツを見せています。画面をスクロールさせるとオロナインのケースが回転したりと遊びがあります。






ちあーず歯科

http://chias-dent.jp/

歯科/松山市の歯医者のウェブサイト。ウェブサイト自体がひとつの世界のようにコンテンツを紹介しています。やさしいテイストのイラストで見ている人に安心感が伝わります。






途中、薬品のサイトが入っていましたが、遊び心がある良いサイトだったので紹介しました。看護部のサイトがあるのも驚きですが、サイト自体にも手の込んだ丁寧なサイトだなと思いました。分院を展開されている整骨院さんであれば、コーポレートサイトに良いかもしれません。





当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。


スポンサーリンク

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-363.html

2013/05/21 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

整骨院(柔道整復師)の求人が来ない時に使ってみたいサイト

   ↑  2013/03/27 (水)  カテゴリー: ウェブ関連
春を感じる季節になってきました。この時期に転職を考える柔道整復師さんも多いことでしょう。少し前までは、新しい職場を探す方法は、知人や友人・先輩などの紹介が多かったようですが、最近ではインターネットで検索して探すことも多くなっているようです。

今回は転職したい柔道整復師さんが見ていそうな転職サイトをまとめてみました。



柔道整復師,求人1

リジョブ http://relax-job.com/jusei/





柔道整復師求人募集

治療家ナビエージェント https://www.chiryokanavi.jp/lp/promo/judo.html




求人柔道整復師

ジョブロック 

http://www.jobrock.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=PC_KYUJIN







柔道整復師求人

リクウィル 

http://www.recuwill.com/index_sub_jusei.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=jusei




これら4つのサイトを選んだ理由

ネット検索は上位表示されていないと意味がありません。新しい職場を探す柔道整復師さんが検索しそうなキーワードは「柔道整復師 求人」、「整骨院 求人」などでしょう。

今回ピックアップしたサイトは、上記のキーワードで広告費を使ってアクセスを集めているサイトなので、より露出が高くなります。


整骨院求人サイト

YAHOOで検索するとスポンサードサーチとして上位4つに広告表示がされます。フリーペーパーなどの求人媒体は1回きりの出稿で費用がかかりますが、これらのサイトは数カ月の掲載で紙媒体より初期費用を抑えることができます。

採用が決定すると、成功報酬という形で費用は発生しますが、掲載期間を考えるとお得なのかなと思います。スタッフ採用や新しい職場はタイミングが重要です。採用したい側は出来るだけ院の露出を多くしたいところです。

スタッフの募集を出しているがなかなか見つからないという方は求人サイトや学校の掲示板、紙媒体などメディアをミックスさせてみてはいかがでしょうか。



解放します

柔道整復師さんの求人をしている方に当ブログを無料で解放します。お問い合わせフォームから連絡していただければ、求人記事を作成します。

手が空いた時に作成しますので、「遅い!」や「掲載したのに求人こないよ!」などのお声は認めません。どうぞ、お気軽に連絡ください。




当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。


スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 整骨院 柔道整復師 求人 サイト 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-354.html

2013/03/27 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |