整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

整骨院の看板リフォーム(改装)|集客と節税

   ↑  2011/08/18 (木)  カテゴリー: 看板事例
整骨院の改装(リフォーム)で私たちが大切にしていることは
「地域性と人」を理解すること。
訪れる人とそこで働く人が快適に過ごせる空間創りを提供します。



すごい集客を意識した、ちょっとした工夫


■リフォーム前は文字が多く、「ぱっと見た感じ」では何の看板なのか分からなかった。

集客,リフォーム

■リフォームのポイントとして集客ターゲットである女性をモデルに施術イメージが湧く内容を意識しました。

集客,リフォーム


■入口正面部分も文字情報が多く閉鎖的なイメージ

集客,リフォーム

■リフォームポイントとして体のラインを使った曲線で柔らかさをイメージさせるデザインと術者の顔が見えることの安心感を意識しました。

集客,リフォーム


■アイキャッチ部分はダイエットを訴えていました

集客,リフォーム

■リフォームポイントとして、矯正という部分にのみターゲットを絞ることでメッセージに一貫性をもたせ信頼性を獲得することを意識しました。

集客,リフォーム



整骨院の店舗改装(リフォーム)を考える


快適な空間
「もう一度行きたい」と思わせる整骨院の条件のひとつに、居心地の良さがあります。整骨院での居心地の良さとは「人と人のコミュニケーションが自然発生する空間」ではないでしょうか。(*技術はもちろん大切です)

以下では整骨院居心地の良さを「コミュニケーションが生まれる空間」と定義し、整骨院の改装(リフォーム)を考えたいと思います。



整骨院スタッフから患者様が視界にキャッチできること
~先生!私をほったらかしにしないで!~


小売業では商品の陳列のしかたが重要となり売れ筋商品、広告商品、キャンペーン商品などは目に入りやすいように効果的なディスプレイを行います。

整骨院や美容室などの場合は人が商品であり同時に接客担当を兼務します。

治療している最中に死角になっている待合室や隅っこの椅子で長時間放置されている患者様はいませんか?

平面レイアウトを作りながら改装(リフォーム)へ改善しましょう。

リフォーム,改装 リフォーム,改装
【お客様の手書きイメージ】       【イメージからの平面レイアウト】



照明で際立つやさしいムード
~あら、なんだかおしゃれな感じね!~


バーや飲食店では間接照明が普通の光景になっていますが、整骨院の場合では凝りすぎた照明計画は本当に必要でしょうか?

お洒落すぎるとかえって疲れませんか?

照明を上手に活かす手段としては、自費用の個室や院内のアクセントとしての活用が人気で女性に好印象を与えてくれます。

リフォーム,内装 リフォーム,内装

【個室のみを間接照明にし、通常の施術スペースは照明に凝りすぎない】


地域で存在感のある整骨院店舗への改装


患者様が整骨院へ期待していることは多様化し、ニーズに応えることだけでは競合院に圧倒的勝利を収めることが難しくなり潜在的な欲求を付与することが求められているようです。

整骨院内イベントや、プレゼント、お手紙など、患者様が感動するサプライズを先読みして提供するといった工夫を行っていくことも重要になっているとお聞きします。

整骨院店舗を改装(リフォーム)するにあたって、患者様に飽きられることを見越した設計をすることも大切です。

たとえば、間仕切り壁を出来るだけ排除しパーテーションにしておいて後に外して模様替えができる仕様にするなど、柔軟性のある設計の工夫が必要です。

「デザイナーズ店舗=繁盛院」だから任せて安心とは言い切れず、デザイナーに依頼をする場合には、患者様目線があるかどうかを見極めるようにしましょう。

競合院や人の流れなどを調べることで改装のヒントを収集し、費用対効果の高い改装(リフォーム)を意識し工夫することで院の立地が悪くても、経営が好転する可能性は充分にあります。


整骨院のリフォーム(改装)と節税対策で一石二鳥


こんなやりとりを耳にしました。
院長 「なんかいい節税対策ないん?」
税理士「そうですねぇ…。では開業して5年近くなるし、改装工事をしてみては?」
院長 「めっちゃ掃除してるし、うちまだキレイやで」


その時点で、確かに整理もされていて掃除もよく行き届いている感じでした。が、開業して5年も経つとキレイだった待合室も治療室も古びた様子になります。ですが、毎日見ている院長はそれに気がつかないのです。そのことを伝えると

院長 「ほな、その経費は全額必要経費に処理できるん?」
税理士「棚を追加したりする機能アップは減価償却ですが、補修は可能です」


その後、連絡して下さった院長先生と打ち合わせを重ね、60万円弱の工事を必要経費にし、その年の利益を圧縮することに成功し、同時に患者さんやスタッフにも喜んでいただいているようです。
私たちは、ただ頼まれたコトをするだけではありません。1院1担当でサポートし親身に整骨院のことを考えご提案し、結果を出します。

60万円の予算でも美しく変化できます。それにより清潔感のある院に生まれ変わって、患者様も喜んでいただけると思います。
打ち合わせを密に行い、院の事を考えたプラン作りを行っております。



関連記事
整骨院のレイアウトの作り方
整骨院の施工事例
お客様の喜びのお声

お問い合わせ
関連記事

スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 看板 改装 リフォーム 節税 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-118.html

2011/08/18 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |