整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

ソーシャルは整骨院という職種に関係なく、どのようにアプローチするか

   ↑  2013/01/09 (水)  カテゴリー: ウェブ関連
  • tw01_s.jpg

2013年はtwitterも手をつけていこうかなと思って、とある方に質問させていただき、その答えが非常に分かりやすかったので内容をみなさんにも見て頂こうと思いました。

やりとりはシンプルです。



以下が私がした質問の内容です


はじめまして、大阪で工務店を運営しております大屋と申します。

サイトのアクセスアップのためと情報発信のためにブログを更新しております。今回、ツイッターでブログ記事を拡散してアクセスアップとフォロワーを増大を期待しておりますが、工務店という職種とソーシャルの相性は合うのでしょうか。

また、どのような内容で文字を書けばいいのかイマイチ想像できません。

現在ツイッタ―はほとんど手をつけていない状態です。アドバイス頂けませんでしょうか?






以下が質問の内容に対しての回答です


私個人としてはソーシャルは職種に関係なくどのようにアプローチするかだと思っています。またソーシャルには様々なものがありますが、私は以下のように使い分けています。

  • ホームページ→ランディングページ(最終的に集めるサイト)
  • ブログ→蓄積(情報の蓄積)
  • twitter→情報発信
  • facebook→コミュニケーション

御社の場合は、ホームページの中(ドメインの中)にブログを掲載しているので、とてもいいと思います。

他社のブログサービスを使うとそのサイトに情報を蓄積させるだけで御社のホームページの評価が上がりません。

しかし他社ブログサービスを利用すると集客が見込めるというメリットがあるので、どういう使い方をするかによります。

よく同じ内容を色々なブログサイトに掲載しているのを見かけますが、ミラーサイトとして認識されると逆にペナルティーとなります。

ブログで集客したいとのであれば、他社ブログサービスでは簡単な内容を記載し、現在利用しているサイトへリンクをはるといいと思います。

それとtwitterの件ですが、上記で述べたように私はtwitterを情報発信するだけのツールとして使っています。

twitterのいいところは、ブログと違って情報が埋もれず常につぶやいていれば最新情報として発信できるとことです。ただし、情報を発信すればいいというわけではなく、どうアプローチするかによります。

以前雑貨屋をしている人からどうすればいいか相談を受けましたが、話の中で使い方が分からない商品が多いというのがあったので、クイズ形式でつぶやいたらどうか提案したらユーザーが興味を示してくれて購入に繋がったそうです。

このように御社の強みなどを見直しどうアプローチするか考えてつぶやく内容を決めてはいかがでしょうか。




といった内容でお返事いただきました。これからは、ブログ(蓄積したもの)で更新した内容を情報発信として使ってみたいと思います。




当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。
関連記事

スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : ソーシャル アプローチ 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-338.html

2013/01/09 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |