整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

整骨院の看板写真素材の撮影。写真は思っているより大切

   ↑  2013/02/20 (水)  カテゴリー: 看板事例
整骨院の看板素材

昨日は素材用の撮影をプロのカメラマンが行いました。現在、内装工事中ですので、他の整骨院さまの協力のもと撮影です。この撮影した素材は看板やチラシに使用する目的です。

飲食店やカタログであれば、当たり前に行われる風景ですが、整骨院や治療院業界で素材写真を撮るのはめずらしいのかもしれません。

ですが、看板に写真を使用する場合は、一般的なデジカメやスマートフォンの画素数では拡大したときのドットの粗さが目立ちます。施術風景や院長先生の人柄などはなるべく奇麗にしたいものです。




整骨院の看板写真

写真は思っているより大切

看板やチラシ、ホームページに限らず、ぱっと見て印象に残るのは写真です。その写真の中でも、医療機器や院内よりも「人」がインパクトがあり、さらに顔がイメージに残るものです。

上の画像は今まで実際に使用していた名刺で、事務所のベランダで撮影したものを素材として使用しました。当初はあまり考えもなく、名刺に顔写真があったほうがインパクトに残るだろうと思ってデジカメで撮影したものです。


写真撮影in整骨院

現在使用している名刺は前回の名刺を改善したものです。同じ会社で同一人物ですが、印象が変わってきます。デザイン的にどちらが良いというのは好みの問題もありますが、写真を使うなら見る相手にどのような印象を持って欲しいか標準を定めるべきです。

私たちの業種では看板を見てオファーを頂くということはないので、名刺というツールで印象の残る表現ができないかということでこのようなデザインにしていますが、整骨院という業種では看板やホームページが患者さんを繋ぐ主な媒体となります。

その媒体(ツール)に写真素材を入れるなら、どんな印象を与えたいかイメージして写真を撮影することを考えてみるのも良いことですね。




●おまけ

看板つながりで世界のユニークな屋外看板を紹介します。看板はあくまで集客ツールなんですが、やりすぎな看板は悪い印象を与えることもあります。ところがどっこい、こんな看板なら歓迎されるかもしれなユニークな看板が世界にはあるのです。

b-Powerhouse-Gym.jpg

建築現場とクレーンを使って看板ししたものです。パワフルですね。



c-Oldtimers.jpg

はい!あ~んヽ( ´ ▽ ` )ノ

このトンネルの広告はウィーンの広告エージェンシーDemnerとMerlicekとBergmannが、オーストリアのパーキングエリアのフランチャイズOldtimerのために作ったものです。



n-Back-Seat-is-no-Safer.jpg

車の後部座席のシートベルト着用を促す目的の看板です。インパクトありますね。


などなど、これらは「思わず二度見してしまう3D屋外広告 15選」というseojapanさんの記事でエントリーされています。





当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。

関連記事

スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 整骨院 看板 写真素材 

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-350.html

2013/02/20 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |