整骨院・接骨院の内装・看板リラクゼーションサロンの開業をフルサポ整骨院,接骨院,リラクゼーションサロン,整体院など治療院開業時の内装・看板を作るフルサポは、デザイン・設計・施工をワンストップで提供しています。 

1坪あたり25万円を超えると相場より高い可能性がある

   ↑  2013/07/16 (火)  カテゴリー: 開業準備
よく頂く質問に、「整骨院の内装にかかる費用はどのくらいかかるのか?」というお問い合わせをいただきます。整骨院・整体院など治療院の内装工事費用の坪単価(相場)という記事を以前書いたことがありますが、改めて整理してみました。

内装工事費用の注意点のまとめ

・1坪あたり18~25万円
・25万円を上限単価として、それ以下の費用でも十分である
・25万円を超えると相場より高い可能性がある
・設備や材料、現在のテナントの状態により目安を超える場合がある


上記の内容が、以前に書いた内装工事費用の注意点をまとめたものです。今回は、これらのまとめをもう一度考えてみました。



●1坪あたり18万~25万円
この坪単価の考え方は、スケルトンの物件で15坪程度の広さを想定しているものです。25万円の上限単価も、カウンターを丸くしたり、照明器具もこだわって、壁紙もグレードを上げるなどを追求すると25万円を超える場合もあるでしょう。

ここで言う相場というのは、整骨院の内装に高い素材を使う必要はないんじゃないかという考えからきているものです。商店建築はこだわろうと思えばきりがないので、少しのお洒落な感じの治療所をつくるという感覚の相場設定をしています。



●目安を超えるスケルトン物件の例外
スケルトンの物件でも、費用のかかる状態というものがあります。飲食店の後のスケルトンであれば、床に段差があったり、厨房があった部分であれば床が少し斜めに作られている場合があります。

この場合、床をフラットにする工事が出ることをスケルトンの費用として相場に設定していません。入口のフロントサッシも同じです。

整骨院の内装工事で大きく費用がかかってくるものとして、電気工事があります。最近はたくさん医療機器を入れるということが少なくなってきたので、電気容量が不足するということが少なくなっていますが、ウォーターベッドなど、大きな電気を必要とする医療機器は電気工事に費用がかさみます。





当ブログの記事を見て「ちょっと役に立った」と感じて頂けましたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。「いいね」と押してくださると、更新するヤル気に繋がります(^^)





お問い合わせ
※しつこい営業は一切致しませんので安心してお問い合わせください。

対応エリア:大阪・京都・兵庫・神戸・和歌山・奈良・滋賀・愛知(名古屋)・岐阜エリア対応可能で御座いますので開業時にはご相談ください。


関連記事

スポンサーリンク

(記事編集) http://support467.blog129.fc2.com/blog-entry-365.html

2013/07/16 | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |